オリンピック開催の影響もあり、今や日本では空前の英会話ブームが来ていますね。

オンライン英会話や英会話スクールは軒並み増えて、本当にスゴイ勢いでブームが押し寄せているのがわかります。

でも・・・

でも、

英語を勉強すればするほど、「英語って難しいなぁ。」、「なかなか話せない。」、「言葉が出てこない。」といった悩みを抱える学習者が後を絶ちません。

その結果、こころざし半ばで諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。

英単語やフレーズを覚える、中学校で習った文法をマスターする、といったことももちろん大切なのですが、英語を理解するには、まず何よりも英語と日本語の違いを理解するところから始めると英語学習に対して迷いがなくなります。

とくに、スピーキングやライティングといったアウトプット型の英語なら、英語と日本語のそもそもの違いを知っておくべきです。

それを知らずに、単語やフレーズといった枝葉のことを勉強しても、なかなか腑に落ちてきません。

「木を見て森を見ず」、ってやつです。

僕も、両者の違いを知ってからは、特に英語の話し方が一気に変わりました。

英語と日本語の違いを文化的に考察してみる

腕時計と辞書

出典:photo AC

英語と日本語は、全く別物の言葉で、同じ土俵で考えると、いつまで経っても、うまく話せるようになりません。

それは、英語には英語独特の文化に根ざした話し方があるからです!

まず、英語と日本語の持つ文化の違いをみてみましょう。

アメリカの文化人類学者の、エドワード・ホール氏によれば、日本語はハイ・コンテクスト文化、英語はロー・コンテクスト文化という区別がされています。

コンテクスト=context=文脈のことです。

ハイ・コンテクスト文化では、自分の思っていることや言いたいことを細かく伝えようとしなくても、互いの思いや意図、考えなどが、なんとなく相手に通じてしまう文化のことです。

例をあげれば、日本には、「以心伝心」、「あ・うんの呼吸」、「忖度」、「一を聞いて十を知る」、といった考え方があり、言葉を介して伝えなくても相手のことを理解する文化があります。

だから、ハイ・コンテクスト文化では、直接的な表現をしなくても相手に自分の気持ちが伝わることが多いんです。

日本は島国で単一民族でずっと国家が形成されていて、文化的な多様性があまりなく、逆にお互いの共通項をたくさん持っているので、言葉で全てを語らずとも通じてしまうということですね。

これに対して、ロー・コンテクスト文化というのは、コミュニケーションの主体が「言語」で形成されていて、曖昧さが排除された文化のことです。

まさに英語という言語はこれに当てはまり、自分の伝えたいこと、をはっきり言葉にしないと相手に伝わらない言語なのです。

ネイティブスピーカーと会話したことがある人なら、彼らが自分の言いたいことをまくしたててずっと話しているのを見たことがあるかもしれません。

ほとんどの英語圏の国は、昔から様々な人種や文化背景を持った人々で形成されてきたので、お互いの共通項が少なく、相手に説明するには「言語」が最も大切なツールというわけです。

自分の意見をハッキリ言わないと相手に自分の意思が伝わらず、状況によっては最悪の事態に見舞われる可能性もあるから、「言葉をつかって話す」ことの重要性が日本語とは違うんですね。

ちなみに、ホール氏によれば、日本は最もハイコンテクストな文化だそうですよ。

この、1976年に提唱されたホール氏のこのコンテクス文化の違いは、英語を話すときのヒントがたくさん隠されています。

それでは、どのように英語を話せばいいのか?を考察してみますね。

日本語の話し方は捨てて、英語の話し方で英語を話す

ABC

出典:photo AC

ハイテクスト文化とローコンテクスト文化の違いを知った上で今度は、どのように英語の話し方に活かしていくかがポイントです。

まず、英語は説明する言語と思ってください。

これ、ムチャクチャ大事なことなので、もう一度いいます。

英語=説明する言語

日本語では、そこまで説明しなくても通じるということも、英語では淡々と説明していきます。

そして、このときの話し方のポイントは、結論→説明、理由の順です。

言い訳じみた日本語の話し方ってありますよね?

「こないだねー、いや実は行くかどうか迷ったんだけど、急に電話かかってきちゃってぇ・・・」

これをそのまま英語にしようとしてもムリです。

ムリじゃないかもしれないけど、ネイティブスピーカーにはおそらく通じません。

僕もそうだったからわかりますが、日本語の話し方のまま英語で話そうとする人がとっても多いです。

頭の中で、(日本語でこういう風に言うから、英語では何ていうのかなぁ)、なんて考えていると何も口から出てきません。

これをやってると、いつまでたっても相手に伝わる英語が話せません。

また、日本語では主語や目的語が消えてしまいますが、基本的に英語では主語と動詞とそれに続く文は省略されません。

逆に考えれば、日本語よりも英語のほうがシンプルで話しやすいのです。

ここを理解できると、英語の話し方が変わってきますよ。

僕は変わりました。

英語では、事実や、「思ったこと」や「見たこと」を具体的に説明していきます。

just talk about what happens(is happening, happened)

これを念頭に話すようにしてみてください。

そして話すときのポイントをいくつか挙げますね。

  1. 主語と動詞をまず言う(動詞を何にするか決める、時制に注意)
  2. 結論を先に言う
  3. 結論のあとに具体的な理由や説明を加える
  4. 難しい単語やフレーズを使おうとしない
  5. 話す前に頭の中で日本語を介さない

まず、英語は主語と動詞が必要です。

一部の例外をのぞいて、誰が~した(する、している、してきたetc…)という構文で話すパターンがほとんどです。

場合によっては、モノやコトが主語になることもあります。

そしてこのとき、気をつけるのは時制。

一般的な話をするなら現在形、今していることを話すときは現在進行系、過去の話をするなら過去形、など起こったことの時制を意識しながら話してみてください。

日本語と異なる、英語の話し方の最も大きなポイントは、結論を先にいって、詳細を後にくっつけることです。

とくに英語では、結論がないままダラダラと話しても相手には伝わりません。

次に、最初のうちは難しい単語やフレーズをやたらと使おうとしないことです。

もちろん使えるに越したことはないですが、最初のうちは、中学・高校で習う基本単語(約3000語)があれば十分です。

とにかく最初は、簡単な英語でシンプルに話すことを心がけましょう。

普段の会話で滅多に使わないような難しい英単語は、勉強初期段階ではスルーしてOKです。

例えば、If I didn’t procrastinate so much, I could get more done. という文にある、procrastinationという単語。

先延ばしする、という意味ですが、普段の会話で使う頻度はかなり少ないです。

こういう単語は初期段階ではスルーしましょう。

どうせ覚えても使わないとすぐに忘れるからです。

※もちろん仕事などで、「先延ばしにする」という単語を言う機会がある人は覚えておいてもいいかもしれません。

そして最後に、話すときに頭の中で日本語を介すのをやめる練習をしましょう。

話すときに、わざわざ頭の中で日本語で文章を組み立ててから話すのは、脳みそが疲れますし、そもそも会話についていけません。

日本語を英語に訳して話すクセがなくならないと、いつまでたっても【日本語風な英語】を話すことになります。

たとえば、日本語で「私の仕事はパン職人です。」をそのまま英語にしようとすると、My occupation is a bakerとか、My job is a bakerとやりがちです。

別に間違いではありませんが、自然に言うなら、I bake bread.で十分です。

日本式に英語を話そうとすると、文が複雑になりがちで難しくなります。

英語の発想で、簡単な文構造と単語を使って話す練習をしましょう。

シンプルイズベストです。

最後に今回の記事をまとめます。

まとめ

  • 英語と日本語は文化的な違いがある
  • 違いがあるから、同じ話し方英語を話しても通じにくい
  • 英語は説明する言語
  • 英語的な発想で話そう

あとがき
言語と文化は切っても切れません。

英語を話すということは、その裏にある文化を学ぶことでもあります。

日本語は日本語の話し方があり、英語には英語の話し方があります。

英語を話すときは発想を変えて、日本語を介さずにシンプルに話すことを心がけてみましょう。