今回紹介するフレーズは、It’s funny you should say thatです。

このフレーズは、洋画や海外ドラマなどでも度々出てくるもので、覚えておいて損はないですよ。

それでは早速行ってみましょう。

It’s funny you should say thatの意味とは?

It’s funny you should say thatは、「驚いたことに」、「奇妙なことに」、「偶然にも」という意味です。

他の英語表現になら、It’s interesting that you should say that(そんなことを言うなんて面白い)、What a coincidence!(なんて偶然な!)に近いですね。

例文を挙げてみますね。

I am thinking about buying new Nike sneakers.
funny you should say that in another moment, I saw a man with the sneakers that I want walking down the street.
「新しいナイキのスニーカーを買おうと思ってたら、なんと偶然にも、そのスニーカーを履いている男の人が歩いているのを見かけたんだ。」

I’ve always wanted to try bungee jumping, but I don’t think I have the courage to do it. Funny you should ask, I am going to go bungee jumping this afternoon.
Would you like to come with me?
「ずっとバンジージャンプに挑戦しようと思ってたんだ、でもやる勇気がなくて・・・」
「偶然ですね!午後にバンジージャンプする予定なんですよ。」

このフレーズのポイントは、相手が言ったことに対して、偶然にも同じことを思っていた、同じことをやろうと思っていた、やる予定だった、といったというような「偶然」を感じたときに使うということです。

It’s funny you should say thatの他にも、It’s funny you should mention thatやIt’s funny you should askも、同じ意味の表現ですので合わせて覚えておくといいでしょう。

本当によく出てくるフレーズなので、映画やドラマで出てきたら、「あっ、あのフレーズだ!」とほくそ笑んでくださいね。

こちらの音声もぜひチェックしてみてくださいね。(Twitterにも投稿しています)

私のTwitterアカウントはこちら。
英語に関することを中心につぶやいています。よろしければフォローお願いします^^
https://twitter.com/ozuijyu