◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  
 MASAの「マインドセット英会話」通信 Vol.3

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

G’day!

英会話マインドセットコーチのMASAです。

ついに、イチロー選手が引退しましたね。

日本人としてメジャーリーグで長期間活躍してきた才能と努力、
そして素晴らしい実績の数々は本当にスゴイというしかありません。

尊敬する人物の一人です!

イチロー選手のスゴイところを英語学習に取り入れると・・・

詳しくは編集後記で。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間は自分の話をしたい生き物!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会話というと、どうしても「話す力」が大切だと
思われがちですが、じつは違います。

たとえば、会話で相手がこんなことを言ったとします。

I am a big fan of Ariana Grande.

※ちなみにAriana Grandeはビルボードのチャート100で今1位のアーティストです。

ここで、あなたがもしAriana Grandeが好きだった場合、
無意識に、こんなふうに返しちゃったりしませんか?

Oh, So am I.
she is a famous singer and also an actress. you know,
I was surprised to hear that Ariana was starring in Broadway musical when she was only 13 years old. OMG!
I am following and check her Instagram on which she uploads lots of cute photos!!!
Those are amazing!

いやー、大好きなArianaのことを伝えられて嬉しい♪

でもこれって、コミュニケーションとしてはどうなんでしょう?

もともと、会話の相手は、自分がAriana Grandeについて話したいから
I am a big fan of Ariana Grande.と言った可能性が高いです。

そうしたら、あなたが先に
Ariana Grandeのことについて、
ペラペラ話しはじめてしまった。

これって言い換えると相手が話すことを、
あなたが奪ってしまったとも言えます。

このいうパターンが続くと、
良好なコミュニケーションは築きにくいですね。

人間って、特に話し始めた時って、
その後の話を相手に聞いて欲しいものなのです。

相手に自分の話を聞いてもらって、
自分の気持ちを相手にわかってほしい。

みなさんも、こんな願いをもって
会話し始めることってありませんか?

このことに気づけると、
相手と話すときの意識が変わってきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと、相手に話してもらうためにするべきこととは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会話を長く続かせて、相手との良好なコミュニケーションを築くには
「共感すること」が大事ということはわかっていただけたかと思います。

会話力=聞く力+共感

といってもいいかもしれません。

共感が相手に伝われば相手の反応がよくなり
会話がはずみ、打ち解けあうことができます。

ちなみに、ここでいう聞く力というのは、
ただ単に相手のいうことを聞く力だけでなく、
どう反応するか、というのも含まれます。

相手が話しているときの、あなたの表情や姿勢、
時折いれる、共感の言葉、そして相槌など。

こういった要素が重なって、聞く力となります。

相手の表情をみて、相手が嬉しいのか、悲しいのか、
そして話し方をみて、どんな点を強調しているのか?

それを読み取ることができると
一気に反応がしやすくなりますよ。

たとえば、上にあげた会話文ならば、

I am a big fan of Ariana Grande.

と相手がいったら、

Oh, Are you?

と返してみる。

そして、ここでいったん相手が話し始めるのを待ちます。

そして話し始めたらそれに反応して共感の言葉をかける
といった感じですね。

相手があなたの共感を感じて、通じ合えると
相手はどんどん話す意欲が増してくるはずです。

会話は言葉のキャッチボールではなく、
気持ちのキャッチボールです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イチロー選手のスゴイところってたくさんありますが、
個人的に僕がスゴイと思うのは、毎日毎日、
淡々とやるべきことを長年継続してきたことです。

おそらく野球選手を志した小学生の頃から、
毎日毎日素振りをし、とにかく練習、練習の日々。

普通なら、今日は疲れたからやーめた!といって
数日くらいサボってしまうのですが、
イチロー選手は、ずーっと継続してきたから今があるのですね。

イチロー選手は、モチベーションを超越した
次元で野球と向き合ってきました。

「もういやだ」
「今日は疲れた」
「気分が乗らない」
「全然上達しないからやめよう」

こんなモチベーションには一切左右されずに
現役を通してきたんですね。

これを、英語学習に取り入れてみると・・・

英語を学習する目的とゴールを決めたら、
モチベーションや感情に左右されずに、
日々やるべきことを淡々と取り組む。

practice makes perfectという
僕の好きなフレーズがありますが、まさにコレですね。

日本語でいうならば、「継続は力なり」でしょうか。

とにかく、英語でも何でも、
地道に毎日コツコツとやるのが
目標達成のポイントですね。

目標をもって、ただただ続けること。
真実は超シンプルです。
裏技なんてありません。

イチロー選手の引退に際して
改めてそんなことを思い知らされました。

ということで、今日も明日も明後日も
やるのが当たり前な状況をつくっていきます!

みなさんも、一緒に頑張りましょう!

まずは、これから例のサーバーと
格闘してまいります。