日常会話で、相手が何かをしたいんだけど自信がない、というようなときに何と声をかけますか?

僕なら、相手を励ますつもりで「やってみなきゃわかんないじゃない!」というかもしれません。

英会話でもこういうシチュエーションってありますよね。

そんなとき、英語では何と言えばいいのでしょうか?

やってみないとわからないよ!を英語で言ってみよう!

やってみないとわからないは、英語で、

You never know

と言います。

直訳すると、「あなたは決して分からない」です。

これには、「あなたには決して分からないだろうけど、可能性があるからやってみれば!」という意味合いが含まれています。

ケンブリッジ英英辞典で、you never knowを調べるとこう書かれてあります。

said to mean there is a possibility that something good might happen, even if it is slight
(なにか良いことが起こりそうな可能性があるという意味で、たとえそれがわずかな可能性でも・・・)

ん~、やっぱり英英辞典の説明はシンプルでわかりやすいですね!

シンプルだからこそ、理解しやすいし説明が納得できます。

ぜひみなさんも、英英辞典を積極的に活用してみてくださいね!

You never knowを使った文章を一つ紹介しましょう。

You should dress nicely, you never know, you might meet a handsome guy there.

オシャレしていけばいいのに!わかんないよー、向こうでカッコいい男性と出会うかもよ!

you never knowをつけるシチュエーションって結構あると思うので、ご自分でも作ってみてください。

ちなみに、you never knowに似た表現を最後に紹介しておきますね。

Nobody knows
no one knows
you never can tell

こちらの音声も参考にしてみてください。